援助交際で気をつけなければいけない3つのことは?相場・犯罪・募集方法についてや援交経験者の体験談などを紹介しております!

生活費を稼ぐ為に援助交際をしている上京したての私の話

私は地方から上京してきたばかりの頃、生活費を稼ぐためにバイト仲間に紹介された出会い系サイトに登録しました。
そこで援助交際を始めたんです。

生活費を稼ぐためにバイトを始めた

私は厳しい教育方針の両親に育てられて、毎日真面目に過ごしていました。
もちろん援助交際なんて一切考えられませんでした。
上京してきて、親から仕送りを貰いながら生活していましたが、大学生活は思ったよりお金がかかり、仕送りのお金は生活費で一気に消え、交際費に回す余裕がなく、でも親にこれ以上迷惑かけるのも良くないと思い、カラオケボックスでバイトを始めました。

興味本位で出会い系に登録

バイトの仲間に「出会い系サイト」というものを紹介されました。
その人は、そのサイトで出会った方とエッチしてお金を貰って稼いでいると聞きました。
「それって援助交際じゃ?」と思いましたが、興味本位で私も登録してしまいました。
本当に軽い気持ちだったんです。
どうせ声をかけてくれる人なんていないだろうと思っていました。
でも、すぐメールが来て、出会い系で遊び慣れている元ホストの男性と会いました。

稼げてセックスのテクも身につく

そこで教わったのが5分でイケるフェラの方法でした。
難しかったけど回数をこなすと出来るようになりました。
終わった後は必ずお小遣いをくれて、結構な額を貰えました。
その後、付き合ってる彼氏に教えてもらったフェラテクを試してみたらすぐイッちゃって、それが新鮮でちょっと優越感に浸れました。
お小遣いももらえて、セックスのテクまで教えてもらえるなんてラッキー!って思いました。
これが援助交際なんだって気持ちもありましたし、親に申し訳ないとも思っています。
でも止められないです。

お金の為に援助交際は止められない

今はいつも会っているおじさんと定期的に援助交際してます。
お金もくれるし、物も買ってもらえるから生活には困っていません。
まるでそのおじさんの愛人みたいで、そんな上京を楽しんでいます。
楽しみながら生活費を稼げるなんてこんないいバイトはないと思っています。
当分援助交際は止められそうにありません。

関連記事

固定ページ

おすすめ記事

  1. 援交スイッチ
  2. 援交で自由にできる資金ゲット
  3. 援交に誘われた