援助交際で気をつけなければいけない3つのことは?相場・犯罪・募集方法についてや援交経験者の体験談などを紹介しております!

遊ぶ余裕がほしいと思ってお試し感覚で『援助交際』始めてみました

お試し感覚で援交

遊びたい・してみたいことがたくさんあったそのころの私。
したいことがあるほどにお金が足りなくて・・・バイト代だけでは満足できなくなったんです。
そして思いついたのが援交でした。
この小さな気持ちが第一歩になったんです。

遊びたいことがありすぎて援交を始めました

行ってみたい場所・したいこと・遊びたいことが本当に多くてバイトのシフトを増やしたこともあったんです。
でも時給は900円程度だし、24時間働くというわけにもいきませんよね。
当然、バイト代だけじゃ満足できませんでした。

何とか満たすことができる方法はないかな・・・と思ってピンときたのが援交でした。
ちょっとの期間であれば割り切れるかなっていうのもあったし、もし1回してみて嫌ならやめればいいやとも思ったので「お試し」でしてみることにしました。

ID交換サイトで知り合った人と援交

ID交換サイトで知り合ったのが初めての援交の相手です。
私の父親より少し若いくらいだったので、最初は「本当にできるかな」という感じもありました。
話を少ししたら感覚がすごく若かったし、出された条件がすごくよくて「これは逃したらもったいない」っていう気持ちが強くなってきたので、会おうと思いました。

援交しそうもない人が待ち合わせ場所に

いかにも真面目そうで、援交なんてしそうにないタイプの人が待ち合わせ場所にやってきました。
気を使ったりニコニコしたりしなくちゃいけないのかな・・・なんて考えていたんですが、そのまますぐにホテルにいけばいいだけっぽくて、そこで気が楽になりました。
余計な話はしたくなかったから相手としては良かったのかも。

ホテルに行ってすぐに条件通りのものをもらってから関係をつくりました。
その人とは合計4回くらいは結局、援交をしたかな。
遊ぶ余裕もできたししてよかったと思っています。

援交は割り切れば楽

割り切れないタイプの人は向いていないかもしれないけれど、私みたいに目的がはっきりしていて割り切れるタイプには合っているのかもしれませんね。

関連記事

固定ページ

おすすめ記事

  1. 援交犯罪