援助交際で気をつけなければいけない3つのことは?相場・犯罪・募集方法についてや援交経験者の体験談などを紹介しております!

援交をした相手から脅迫された男性の体験談

出会い系サイトは上手に使わないと、恐ろしい目にあうことがあります。
特に、未成年者と援交をした場合は大きなリスクを抱えると同時にそれを利用されることもあるんです。

出会い系サイトで知り合った未成年者

元々は、出会い系の中では18歳と聞いていたのですが実際に会ってホテルに入ったところで実はまだJKだと明かされたんです。
しかし、ホテルに入ってしまったし服も半脱ぎ状態でもう我慢出来ずそのままセックスをしてしまったんです。
お金を渡してそれでおしまい、のはずだったのですがその後に厄介なことになってしまいました。

恐喝のメール

それから数カ月して、突然その未成年援交の相手からメールが来ました。
内容は、今お金にとても困っているので助けてほしい、もしも払わなければ未成年者と援交したことをバラしますと恐喝されたんです。

友人にアドバイスを受けて

未成年者とわかりながらも援交してしまったことは事実ですが、これは立派な恐喝だと友人に言われました。
しかし、恐喝されていることを立証するのであれば当然未成年者と援交したことは警察に言わなければいけないし、何らかの罰則はあるだろうと言われたんです。
正直なところ、どちらも選びたくはない状況でしたが今お金を払っても今後更に何度も無心されてはキリがない。
なので、覚悟してその子に返事を返すことにしました。

結局ことなきを得た

その子に、バラすならどうぞ、その代り此方も恐喝で貴方を刑事告発しますし貴方の実名も出しますので、援交していたことは親御さんや学校にも知られますよ。
お金は払いませんので、バラすならそれなりの覚悟をしてやってくださいと返したんです。
正直此方も恐喝スレスレですが、金銭などの要求は一切しませんでした。
結果的に、その子はそれでお金が引っ張れないと思いあきらめたのか連絡がなくなりました。

まとめ

今回は何とかなりましたが、危うく逮捕歴がつくところでした。
今ではもうこんなことはごめんだと、年齢確認を徹底して出会い系を楽しんでいます。

関連記事

固定ページ

おすすめ記事

  1. 援交アプリに騙される
  2. 援交スイッチ