援助交際で気をつけなければいけない3つのことは?相場・犯罪・募集方法についてや援交経験者の体験談などを紹介しております!

援交希望の女性はTwitterで相手を探している

Twitterで援交募集

近年、援助交際の援交募集をするツールとしてtwitterを利用している未成年が急増しています。理由は出会い系サイトなどのように「年齢制限」を受けることがないから。ここでは援交希望の女性がtwitterを使って援交相手を探している現状について紹介します。

援助交際と割り切りは違う

体の関係を持ち、その対価として金銭を貰う行為を総称して「援交」と言っている方が多いのですが、実際には違います。

援交とは「未成年」である学生などがお小遣いなどが欲しくて体を売りお金を稼ぐ行為のことを指します。

一方で成人を迎えたり、18歳以上となり「性風俗店」で働くことができるステータスの女性が同様の行為をする場合には「割り切り」となり差別化されていることを覚えておきましょう。

twitterは援交に便利なツール

「未成年」が個人的に売春行為を行うことが援交だと分かったところで、援交募集をするツールとしてtwitterを使っている女の子が増えています。

数多くあるツールの中でどうしてtwitterが選ばれるのか?それは出会い系サイトのように18歳以上の年齢認証などと比べて年齢制限がほぼないからです。

出会い系サイト規制法によって以前は未成年でも利用できた出会い系サイトなどのインターネットツールは、「援交」が出来る世代には使えないツールになりました。

そこで未成年達はわざわざ年齢の近い兄弟や両親のIDを使って偽IDを使って登録するよりも、年齢制限のtwitterを使って援交相手を募集する方が楽だということに気がついたわけです。

2017年の3月時点でiOSデバイス向けのtwitterには年齢制限が設けられ、17歳以上という条件がつけられましたが、出会い系サイトに比べると年齢制限が甘いことは言うまでもありません。

更にプラスして検索をすれば簡単に「twitterの年齢制限を外す方法」などが紹介されており、誰でも簡単に突破することができることからtwitterが選ばれているのです。

twitterでどうやって援交相手を募集をしているのか?

それでは具体的にtwitterでどのように援交相手の募集を行っているのか?言い方を変えればどんな特徴の女性が援交相手を募集しているのでしょうか。

まずメジャーなのはtwitterのhashtagに援交や援助交際、割り切り、セフレ、やり友といったものを設定する方法です。

hashtagに設定をしておけば、それを検索するだけで複数のツイートがヒットします。その中身はといえば、具体的な条件が記入されているツイートばかりですから、後はDMをして相手に会いに行けば目的を果たすことができるという寸法です。

従来では出会い系アプリの掲示板などで募集をすることが多かったですが冷やかしなどが多いこと。サクラであることも多いこと。

年齢制限などがありそもそも利用できないこと。隠語などを使っても監視の目が厳しくなり、せっかく書いた書き込みも削除されてしまうケースも増えています。

従来のツールでは効率が悪いということ。また裏垢などを使えば匿名性の高さを保ちながら援交募集を行えるといったことからも、twitterを使って援交募集を行っている女性が増えたわけです。

twitterでの援交の注意点は?

援交相手を探す未成年にとって、twitterほど便利なツールはないと言えますが、これはさまざまな悪意を持った人間にとっても便利であることは言うまでもありません。

騙しリンクなどを添付してあるツイートも存在しますから、よくある古くからの騙しの手法にまんまとハメられないように気をつけましょう。

他にもあまりに手慣れているようなスムーズすぎる流れで話が進んでいる場合も、援デリ業者である可能性が高いため注意しましょう。

援交募集はtwitterが主流だけれど

近年の援交募集はtwitterを使うことがスタンダードになりつつあります。本来の未成年が利用しやすい便利なツールですが、悪徳業者もこの手法を用いて騙そうとしていることも多いため、見極めこそが肝心と言えるでしょう。

関連記事

固定ページ

おすすめ記事

  1. 援交スイッチ
  2. 援交で借金返済
  3. 援交と法律