援助交際で気をつけなければいけない3つのことは?相場・犯罪・募集方法についてや援交経験者の体験談などを紹介しております!

援助交際をするには営業力が必要です

全ての女の子が、援助交際が大金を稼げているわけではありません。
援助交際の募集をしても、なかなか男性からメールをもらえなかったり、こちらから男性にお誘いのメールを送っても、断られてばかりの女の子もたくさんいるのです。
男性からすれば、それなりの大金を出すわけですから、より魅力的な女の子と援助交際をしたいと思うのです。
ですから、性格が良さそうな女の子、自分の希望を聞いてくれる女の子など、自分の条件を満たした女の子と援助交際をしたいわけです。
そういう意味では、援助交際でも営業力はそれなりに必要とされるのです。
男性に気に入ってもらえるよう、どのようにアプローチをすればいいか、どういった感じでやり取りすればいいのか、そこをしっかりと考える必要があるのです。
ある意味、援助交際も競争社会と言えますし、女の子同士の激しい競争に勝つことも、援助交際で稼ぐためには重要なことだと言えるのです。

買ってくれる人がいなければ援助交際はできない

援助交際というのは、買う人がいてこそ初めて成り立つものなのです。
これは、どの商売にも言えることですが、買ってくれる人がいなければどうしようもないのです。
例えば、もし仮に日本にいる全ての女の子が援助交際の募集をしたとしても、買ってくれる人が1人もいなければ、その時点で援助交際は崩壊することになります。
しかし、実際は女の子とエッチをしたい、お金を出してでも援助交際をしたい、そう思っている男性が一定数いるからこそ、援助交際は十分に成り立つわけです。
買ってくれる人が誰もいなければ、援助交際をする女の子なんているわけがありません。
でも、買ってくれる男性もたくさんいるからこそ、多くの女の子が自分を売ろうと思うわけです。
援助交際というのは、これがまた売る側と買う側の需要と供給が絶妙にマッチしているのです。
だからこそ、援助交際は今の多くの場所で行われているのです。
もしも今後、売る側か買う側のどちらかが大幅に減少すれば、援助交際もかなり衰退するとは思いますが、現状はそのような状況になる可能性は低いと言えます。

関連記事

固定ページ

おすすめ記事

  1. 強引な援交
  2. 援交アプリに騙される