援助交際で気をつけなければいけない3つのことは?相場・犯罪・募集方法についてや援交経験者の体験談などを紹介しております!

援交に関わる法律について、あらためてまとめてみました。

援交と法律

昨今、援助交際、いわゆる援交に関する悲惨なニュースが問題視されています。
本記事は、その現状を鑑みて、援交に関わるあらゆる法律に関する情報を簡単にわかりやすくまとめたものです。

青少年保護育成条例とは青少年を保護して健全な育成を促すための条例です

健全な育成を阻害するあらゆることから青少年を守り、保護するための条例に青少年保護育成条例という条例があります。
青少年保護育成条例は、長野県を除いたすべての都道府県で制定されている条例です。
具体的には、青少年保護育成条例によって、青少年にとって悪影響が認められる図書などの販売を規制したり、みだらな性行為の原因となるいわゆる援助交際の規制などが行われています。
青少年保護育成条例は、法律とは異なり、各都道府県において個別に制定されているものですが、その制限の内容に関しては共通しています。

出会い系サイト規制法とは出会い系サイトで起こるあらゆる犯罪行為を防ぐための法律です

出会い系サイト規制法とは、出会い系サイトを利用することで起こるさまざまな犯罪行為を防ぐことを目的とした規制法案です。
さまざまな犯罪行為とは、例えば18歳未満の少年少女を対象とした援助交際などです。
出会い系サイト規制法によって、規制対象である出会い系サイトが明確に定義されました。
同時に、出会い系サイトを利用する人間、出会い系サイトを運営する人間、プロバイダ等および保護者に対して守るべき事項が設定されています。

児童買春・児童ポルノ禁止法とは児童を援交などの犯罪被害から保護するための法律です

児童買春・児童ポルノ禁止法とは、児童を対象とした援交や児童ポルノに係るあらゆる犯罪的行為を制限し、児童を保護するための法律です。
児童買春・児童ポルノ禁止法によって、心身に有害な影響を受けた児童を保護し、その権利が健全に守られます。
具体的に罰せられる対象は、まず児童買春をした人間、児童買春を斡旋した人間、児童買春の斡旋を目的として他人に児童買春することを促した人間および児童買春の勧誘を業とした人間などです。

児童ポルノに関しては、児童ポルノを提供した人間、児童ポルノを製造した人間、児童ポルノを公然と陳列した人間、自己の性的な好奇心を満たすために児童ポルノを所持した人間などが処罰対象です。
いずれの犯罪行為に対しても、それを行った人間はそれぞれの罪に応じた懲役刑か罰金刑を課せられることになります。

売春防止法とはお金と引き換えに不特定多数と性交する売春行為を禁止する法律です

売春防止法とは、不特定多数と性交し、お金をもらう売春行為が社会の善良な風俗をみだすものであることを鑑みて、売春行為の一切を禁じた法律です。
売春防止法によって、売春に関わったすべての人間が処罰の対象となります。
具体的には、売春に関する勧誘行為、斡旋行為、契約行為、場所の提供などにあたるさまざまな行いが禁じられています。
例えば、売春の勧誘行為とみなされる行動は、公衆の目に触れる方法で不特定多数に売春の相手方になるように誘導することなどです。
次に、売春の斡旋行為とみなされる行動は、道路などの公共の場所で特定の人物の身辺につきまとい、売春の相手方となるように勧誘することです。
また、当然のことですが、自分が所有、または管理している場所に生活させて、その人物に売春させる行為も刑罰の対象になります。

援助交際は社会の風俗を著しくみだす行為として、ニュースで取り上げ問題視されています。
援助交際はあらゆる法律によって規制されていることを改めて知ることで、援助交際がどれほどに問題ある嘆かわしい犯罪行為かを理解することができます。

関連記事

固定ページ

おすすめ記事

  1. 援交に誘われた
  2. 援交で借金返済
  3. 援交で自由にできる資金ゲット